縁あって、小学校の校歌を作詞することが出来ました。

これは自慢になるのですが、、、。

縁あって、小学校の校歌を作詞することが出来ました。

開校記念パーティーが催され初披露を行っていただきました。

市立小学校で、15年ぶりの新設校ということで、偉い議員の方々や偉い教育関係者が多数出席する中、少しだけ浮いた存在として出席させていただきました。

そんな中、TVのカメラも入っており、取材を受けました。
たくへん質問を受けましたが、さすがと言いたくなるように上手編集されていてあっという間の放映時間でした。
たくさん、噛んでしまったのでホッとしました。

ちなみに、歌詞の中には色々な表現があり、様々な意味がこめられていますが、一番心がけたことは、「悩んだり、困ったりしたときに、この歌を思い出して元気になったら良いな」と考えながら作りました。
小学校の校歌は意外と大きくなっても覚えていることが多いので特にそう考えました。

こんな私でも、純粋な心に触れ合うと心が洗われるという事ですね。

純粋な気持ちで、仕事も頑張ります。

 

土橋小学校 校歌

作詞:中本誠

1.つながるこころ 竹の節
ちからをあわせ しなやかに
はじける笑顔 のびやかに
しあわせいっぱい すくすくと
植木の里の 散歩道
みどりとまちが 調和する
みんなの学び舎 土橋小学校

2.つよく元気に いきいきと
ちいきの人と 助けあい
はるかなあす明日に はばたこう
しんじあおうよ 友たちよ
みどりと人の 竹の里
つながるちから コミュニティ
みんなの学び舎 土橋小学校