川崎市の平成31年度の予算案が公開されました。

■川崎市の平成31年度の予算案が公開されました。

平成31年2月4日に、川崎市の平成31年度の予算案が公開されました。
以下は、川崎市のホームページよりの抜粋になります。

川崎市の平成31年度予算案は、一般会計7,590億円余、特別会計(13会計)5,001億円余、企業会計(5会計)2,015億円余、全会計合計1兆4,608億円余で、前年度に比べ152億円余、1.1%の増となっています。

全体版

分割版

表紙、はじめに、目次、予算案のポイント、予算の規模、一般会計予算案の概要

平成31年度予算における「かわさき10年戦略」の主な事業

  • 平成31年度予算における「かわさき10年戦略」の主な事業(PDF形式, 2.97MB) 川崎市総合計画における「かわさき10年戦略」では、まちに活気や活力をもたらす「成長」、市民に安心やうるおいを与え、まちに対する愛着を育てる「成熟」、成長と成熟の好循環を支える「基盤」づくりの3つの視点で、7つの戦略を設定しています。 ここでは、31年度予算におけるそれぞれの戦略の主な事業を紹介します。

行財政改革の取組

  • 行財政改革の取組(PDF形式, 196.53KB) 市民満足度の一層の向上に向け、必要な経営資源であるヒト・モノ・カネ・情報の確保等を行い、総合計画に掲げる政策・施策を着実に推進するため、30~33年度の4か年を計画期間とする「川崎市行財政改革第2期プログラム」に基づき、市民サービスや市役所組織・職員の質の向上等の質的改革とともに、効率的・効果的な行財政運営に向けた改革を進めています。 ここでは、その主なものを3つの改革の取組(「共に支える」、「再構築する」、「育て、チャレンジする」)に沿って紹介します。

局区別予算

  • 局区別予算(1)(PDF形式, 1.88MB) 主要な事務事業を所管する局区別に、主な事業をご紹介します。総務企画局、財政局、市民文化局、経済労働局、環境局、健康福祉局、こども未来局、まちづくり局、建設緑政局、港湾局、臨海部国際戦略本部、消防局、教育委員会事務局、会計室、市民オンブズマン事務局、選挙管理委員会事務局、監査事務局、人事委員会事務局、議会局
  • 局区別予算(2)(PDF形式, 1.58MB) 7区共通予算、川崎区、幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区、上下水道局、交通局、病院局、特別会計予算

参考

  • 参考(PDF形式, 1.57MB)1 予算と収支フレーム素案との比較  2 予算編成過程でのさまざまな取組  3 市債残高等の将来推計  4 財政運営上の基準とする指標との比較  5 戦略的な資産マネジメント  6 予算編成の過程  7 事務事業別予算の状況  8 款別にコストを把握するための取組  9 身近な施策の財政負担の状況  10 完成予定の主な施設

資料

  • 資料(PDF形式, 956.31KB)1 各会計歳出予算集計表  2 一般会計歳入予算(款別)  3 一般会計歳出予算(款別)  4 一般会計自主依存財源別予算  5 一般会計歳出性質別予算  6 一般会計市税予算  7 市債の状況(一般会計・全会計)  8 基金残高の状況 9 市民1人あたりの予算の使いみち(一般会計)  ※ 平成31年度予算編成について  ※ 「今後の財政運営の基本的な考え方」抜粋
川崎市ホームページより抜粋引用
http://www.city.kawasaki.jp/230/page/0000103703.html

人口増で税収は増えていますが、市民サービスの充実のため赤字予算のようです。
ただ、予算(計画)も大切ですが、実際に計画(思い)通りに進んでいるかが重要になります。

どうか手を貸してください。